骨董品・掛軸・茶道具・着物・書道具・華道具・遺品整理・買取専門店

古美術・骨董品・遺品整理のお宝買取市場
トップページ
買取専門店の本格買取査定
受付時間 / AM9:00〜PM21:00
古物商許可番号
第622311106683号
(大阪府公安委員会)
 

当店は何よりも信頼と実績を第一に、皆様にご愛顧を頂ける古美術・骨董品買取専門店を目指して、社員一同、日々買取努力を致しております。

着物・帯
和装小物
毛皮製品
茶道具
華道具・花瓶・花台
書道具・古墨・硯
煎茶道具
伽羅・白檀・沈香木
印材
漆器・漆芸
竹細工・竹工芸
鑑賞石
掛軸・屏風・巻物
絵画・日本画・洋画
陶磁器・陶芸
鼈甲・琥珀・瑪瑙
象牙・犀角・珊瑚・翡翠
金銀銅ガラス製品
彫刻・中国美術
仏教美術・朝鮮美術
日本刀・刀剣・甲冑
勲章・軍服・軍隊物
時計・カメラ・蓄音機
印籠・根付・煙管
古銭・切手・記念コイン
古書・古文書・美術書
楽器・お琴・三味線・尺八
アンティークジュエリー
宝飾品・色石・カメオ
西洋アンティーク・洋食器・人形・置物
古酒・洋酒・中国酒
古人形・陶人形
ブリキ・超合金・レトロ玩具
最近の記事
古い掛軸、書画、骨董品、床 ..
古美術・骨董品・遺品整理、 ..
古い昔の、大正ロマン着物、 ..
遺品整理のお困りごと、骨董 ..
遺品整理・古美術・骨董品・ ..
処分にお困りの、大きな衝立 ..
多種多様、お客様に合った遺 ..
遺品整理、ご相談ください。 ..
お宝買取市場、2019年度、新 ..
2018年度の、お宝買取市場、 ..
師走、大掃除、不用品の整理 ..
漆器、堆朱、漆芸、漆塗り製 ..
古い懐中時計、腕時計、アン ..
遺品整理は、前向きな一歩。 ..
お宝買取市場は、お盆期間も ..
香炉、御香、御線香、伽羅、 ..
古道具、お売り下さい。遺品 ..
空き家で傷んでしまう、貴重 ..
数寄者とは、「茶の湯」に熱 ..
お客様の骨董品を、適正評価 ..
買取型の遺品整理。故人様の ..
古美術・骨董品・遺品整理・ ..
遺品整理、お宝買取市場、年 ..
遺品整理は、人の手で行うか ..
早く出会えていれば。早くお ..
お急ぎの遺品整理、時間が無 ..
専門買取り、片付け、中古品 ..
お盆に向けて片付け、専門高 ..
お宝買取市場は、遺品整理・ ..
買取専門、遺品整理お宝買取 ..
過去ログ
ログイン 保存
骨董買取に関する最新情報
2015年 9月

骨董品のご売却をお考えの際は、汚れていても、黄ばんでいても、錆びていても、くすんでいても、シミが付着していても、「そのままの現状」でお売りくださいませ。お宝買取市場には、「掃除・メンテナンス」が好きな、専門の職人が在籍しております。次に必要とし、大切にして下さる方への橋渡しをさせて頂く前に、その「大切にして頂くために」も、掃除やメンテナンス等の、磨き上げが必要となって参ります。古美術・骨董品は、大変デリケートなお品物であり、その骨董品、対象物、お品々に合わせた方法で、細心の注意を払い、専門知識を持って行う
お宝買取市場には、鑑定のプロは勿論の事、お譲り頂いたお品物の、仕分けのプロが居り、掃除やメンテナンスを専門的に行うプロも在籍しております。掃除・メンテナンスに注ぐ熱と、極められたその腕は、まさに職人と言えるほど、熟練した技で磨きあげて参ります。お買取りをさせて頂くお品物には、新品の未使用品も有れば、長い間、例えばお花を生けるために使用されていた花瓶、お茶をたてる際に使用された抹茶碗。御湯を沸かす際に使われた鉄瓶。筆をしたためる際に活用された書道具など、個人様の御宅での使用歴を経て、買取市場が現金にて買取らせて頂くことにより、晴れて当社にやって参ります。次に必要とし、大切にして下さる方への橋渡しをさせて頂く前に、その「大切にして頂くために」も、掃除やメンテナンス等の、磨き上げが必要となって参ります。愛情を込め、手を掛けて、ひと手間を加えることで、この先、何年も大切に大切にご愛用を頂き、骨董品が「長く活き続けるため」のリフレッシュ作業を、メンテナンス専門の技術者が行わせて頂きます。このメンテナンス作業は、橋渡しをする者が求められる必要な作業でございますので、もちろん、お買取りの際に、お客様からメンテナンスの費用を頂くことは一切ございません。お買取り後に、メンテナンスが必要な際は、買取市場の裁量で行わせて頂きますので、お客様には、お売りになりたい骨董品を、そのままお売り頂ければ幸いでございます。古いから、汚れているからと言って、ゴシゴシ磨けば良い物ではなく、洗剤などの化学物質で変色や変形してしまったり、無かった傷か付いてしまう場合もございますので、その骨董品、対象物、お品々に合わせた方法で、細心の注意を払い、専門知識を持って行う必要がございます。汚れだと思い、磨いていたら、実はそれが「柄(模様)」であって、磨いたことにより傷が付いてしまったと言う事例も多くございます。また、例えば象牙の牙など、黄ばんでいるからと磨いてみたが、磨いた箇所の一部だけ白くなり、まだらに色が変わってしまって、返って元の経年経過のアイボリー色の方が良かったと言う事例もございます。長年、骨董品が積み重ねてきた、古さも立派な価値である場合もございますので、もしも骨董品のご売却をお考えの際は、汚れていても、黄ばんでいても、錆びていても、くすんでいても、シミが付着していても、「そのままの現状」でお売りください ..

続きを読む


07:26, Tuesday, Sep 01, 2015 ¦ 固定リンク

骨董買取市場:::骨董買取専門店   古本買取市場:::古本買取専門店   毛皮買取市場:::毛皮買取専門店   書道具買取市場:::書道具買取専門店